browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

大きいサイズより小さいサイズが良いと思うとき

大きいサイズより小さいサイズが良いと思うとき

大きいサイズより小さいサイズで良かったな~と思うときはどのような場合でしょうか・・・好みにもよるかも知れませんが、大きいサイズを着ると、体型は隠れますが、大きく見えてしまう時もあります。

ひとサイズ大きいくらいなら良いのですが、袖の長さが長すぎるとか、ズボンやロングスカートの裾が長すぎますと、かなりおかしいです。

体に合っていないで、着せられている感じがあります。

まるで、服が歩いているようです。

着ている人に合っているか?

着やすいかを重要視するのが一番のような気がします。

あまり、小さいサイズですと、窮屈で肩が凝りそうです。

伸びちじみする素材でも、小さすぎると着ているうちに穴が空いてしまうかもしれません。

一昔前はチビティーが流行り、おへそが見える位小さいサイズを着ている人を多く見かけました。

今はあまり見かけませんが・・・お腹が冷えてしまうのではないかと思うくらい短い丈のTシャツです。

その時代の流行りもあるのでしょう。

アンバランスですと、見ていて何かおかしい感じがします。

小さいサイズはかなり、スタイルが良くないと着こなせません。

自分に合ったサイズで、デザインが小さめだったりする事もあります。

服のメーカーによってもサイズはかなり違います。

同じサイズであっても、メーカーで、大きさがかなり違うのです。

外国のメーカーは日本のメーカーより大きめに作られているせいか、かなり大きさが違います。

欧米人は日本人より体格が大きいので、着る服も大きめに作られているのかもしれません。

子供の服ですと、大きいサイズのものを買います。

メーカーによってサイズが違うので、大きいサイズは長く着られ得した気分にさせてくれます。

しかし、大人の場合、身長が伸びるという事はほとんどないので、変わるとしたら体重です。

MからLにどんどん大きくなるのは段々嫌になります。

太らない為にちょっと小さいサイズを買って、これを着れるようにしようと願掛けをする事もあるかもしれません。

オシャレで小さいサイズを着るのであれば、上か下かどちらかを小さくまとめると全体のバランスが良くなり、オシャレさんに見えそうです。


© 2017 メンズの大きいサイズを選べばおしゃれ